国内外ニュース

3月の鉱工業生産1・2%上昇 基調判断据え置き

 経済産業省が27日発表した3月の鉱工業生産指数速報(2010年=100、季節調整済み)は103・9となり、前月より1・2%上昇した。上昇は2カ月連続。基調判断は「緩やかに持ち直している」で据え置いた。

 生産は1月に大きく落ち込んだものの、好調な水準に戻りつつある。ただ、出荷は前月比マイナスとなり、在庫が高い水準に積み上がった。今後も生産が上昇していくかについては「慎重にみる必要がある」(経産省担当者)と分析した。

 業種別では電子部品・デバイス工業や化学工業などが堅調で、15業種中13業種が上昇した。半導体や関連製品がけん引した。

(4月27日10時16分)

経済(4月27日)