国内外ニュース

政府、南北会談を注視 菅氏「前向きな議論期待」

 南北首脳会談を伝える東京・秋葉原の大型モニター=27日午後  南北首脳会談を伝える東京・秋葉原の大型モニター=27日午後
 日本政府は27日、南北首脳会談で北朝鮮の核廃棄や日本人拉致問題の解決に向けた具体的な道筋が示されるかを注視した。菅義偉官房長官は記者会見で「両首脳間で真剣な議論が行われる。拉致・核・ミサイルといった諸懸案の包括的解決へ前向きな議論を期待する」と述べた。

 小野寺五典防衛相は「北朝鮮から具体的な行動を引き出すことが必要だ。北朝鮮の行動につながるか見極めたい」と強調。同時に「(日本を射程に収める)短・中距離を含むミサイル放棄が日米韓3カ国共通の認識だ」と説明した。

 加藤勝信拉致問題担当相は「われわれも拉致被害者家族も大変高い関心を持って見ている」と指摘した。

(4月27日11時17分)

政治(4月27日)