国内外ニュース

コウノトリ、2個の有精卵を確認 福井で初

 卵を産んだコウノトリのペア(奥が雌)=27日午前、福井県越前市(同県提供)  卵を産んだコウノトリのペア(奥が雌)=27日午前、福井県越前市(同県提供)
 福井県は27日、同県越前市の施設で飼育している国の特別天然記念物コウノトリが今月産んだ卵4個のうち、2個が有精卵だったと発表した。残る2個も有精卵の可能性が高いという。

 2011年に兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)から借り受けていたつがいの雌が4~10日に産んだ卵で、福井県で飼育中のコウノトリが有精卵を産んだのは初めてという。

 27日朝、県自然環境課の職員らが施設内で卵に光を当てて調べ、ひなの可能性が高い影が見られたため、有精卵と判断した。順調に成長すれば、5月上旬にひなが誕生する見通し。

(4月27日11時41分)

科学・環境(4月27日)