国内外ニュース

JAXAロケット最小ギネス認定 電柱サイズで衛星投入成功

 ロケット「SS520」5号機の打ち上げ=2月3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所(JAXA提供)  ロケット「SS520」5号機の打ち上げ=2月3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所(JAXA提供)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、2月に鹿児島県から打ち上げた電柱サイズのロケット「SS520」5号機が、人工衛星を軌道に投入した最小のロケットとして、ギネス世界記録に認定されたと発表した。

 ロケットは全長約10メートル、直径約50センチ。2月3日に鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、搭載していた東京大の超小型衛星「たすき」を予定の軌道に投入することに成功した。昨年1月に同型の4号機の打ち上げに失敗しており、5号機は再挑戦だった。

 JAXAはSS520の技術を、超小型衛星を専用で打ち上げる民間ロケットの開発に役立ててもらう方針。

(4月27日12時42分)

科学・環境(4月27日)