国内外ニュース

米朝会談、日程や場所は未定 非核化期待も警戒緩めず

 【ワシントン共同】トランプ米政権は南北首脳会談を受け、北朝鮮の非核化に向けて前進することを期待しながらも警戒を緩めていない。トランプ大統領が6月上旬までの開催に意欲を示す米朝首脳会談の開催地や日程も決まっておらず、非核化を巡り双方の隔たりは埋まっていないもようだ。

 トランプ氏は27日、南北首脳会談を「歴史的な会談」と評価した。「良いことが起きているが(進展があるかどうかは)時間がたてば分かる」とし、慎重な見方も維持した。

 またホワイトハウスで記者団に、米朝首脳会談の開催候補地は2~3カ所と述べた。

(4月28日1時41分)

国際(4月28日)