国内外ニュース

民間ロケット、28日発射へ 北海道大樹町

 小型ロケットMOMO2号機の横に立つインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文さん=3月、北海道大樹町  小型ロケットMOMO2号機の横に立つインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文さん=3月、北海道大樹町
 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が28日、自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機を町内の実験場から打ち上げる。昨年7月に発射した1号機が果たせなかった高度100キロ超の宇宙空間到達に挑む。到達すれば民間単独では日本初で、地元の官民も支援している。

 同社は実業家堀江貴文さんらが設立。1号機は発射約70秒後に通信が途絶え、エンジンを緊急停止させた。2号機は制御方法を変更し、機体の強度も約3倍に高めるなど改良を加えた。全長約10メートル、直径50センチで、悪天候などで28日に発射できない場合、翌日以降に順延する。

(4月27日17時16分)

科学・環境(4月27日)