国内外ニュース

レスリング協会に報告要求 パワハラ問題で内閣府

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手(ALSOK)らが日本レスリング協会前強化本部長の栄和人氏から受けたパワーハラスメント問題で、内閣府公益認定等委員会は27日、日本協会に対し、公益認定法に基づく「報告要求」を行った。伊調選手らトップ選手の練習環境の整備や支援、代表選考の透明化、パワハラの再発防止に向けた取り組みなどの報告を求め、回答期限を5月31日としている。

 公益認定等委員会は報告内容を検討し、必要と判断すれば「勧告」などの監督措置を取る。山下徹委員長は東京都内で記者会見し「運営が適切に行われていないという疑いを持たざるを得ない」と述べた。

(4月27日21時27分)

スポーツ(4月27日)