国内外ニュース

春巡業、白鵬ら3横綱締めくくる 大相撲で女人禁制論議再燃も

 春巡業で阿炎(右)と稽古する横綱白鵬=27日、埼玉県越谷市  春巡業で阿炎(右)と稽古する横綱白鵬=27日、埼玉県越谷市
 大相撲の春巡業は27日、埼玉県越谷市で行われ、24日間の全日程が終了した。期間中に「女人禁制」の議論が再燃するなど土俵外の話題が目立ったが、白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が参加して締めくくった。

 白鵬は稽古で、越谷市出身で若手の平幕阿炎に12勝1敗。2場所連続休場中だが、元気な姿を見せ「土俵に上がると心地よい」とほほ笑んだ。父の死去や葬儀参列、体調不良による途中離脱など慌ただしい日々を過ごし「いろいろあっただけに、自分にとっては早かった」と息をついた。

 左大胸筋などのけがで6場所連続休場中の稀勢の里は12日から合流した。

(4月27日18時31分)

相撲(4月27日)