国内外ニュース

東大、民間検定試験を入試活用へ 共通テスト英語で方針転換

 東大は27日、大学入試センター試験に替わって2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語で導入される民間の検定試験を、入試の合否判定に使う方向で検討を始めたと明らかにした。福田裕穂副学長は3月の記者会見で「現時点では拙速」として判定に使わない考えを示していたが、方針を事実上転換した。

 共通テストでは英語の「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測るため、センターが認定した民間試験を活用することが決まっている。ただ認定試験はそれぞれ設計が異なり、公平性の観点から合否判定への使用に慎重な大学関係者も少なくない。

(4月27日18時56分)

暮らし・話題(4月27日)