国内外ニュース

伊調選手「今後の推移に期待」 協会にパワハラ再発防止要請で

 伊調馨選手は27日、日本レスリング協会の栄和人前強化本部長から受けたパワーハラスメント行為について、内閣府公益認定等委員会が同協会に報告書提出を求めたことを受け、所属するALSOKを通じて「レスリングに携わる者として、今後の推移に期待しています」などとのコメントを発表した。

 「報告要求」では日本協会に、パワハラの再発防止に向けた今後の取り組みを示すことなどが盛り込まれている。伊調選手は「日本レスリング界がより魅力的になり、さらに発展していくことを信じ、私自身もそうした環境の確立に協力して参ります」と決意を新たにした。

(4月27日21時10分)

スポーツ(4月27日)