国内外ニュース

告発の弁護士「主張理解」と評価 伊調選手へのパワハラ問題

 内閣府の公益認定等委員会が27日、レスリングの伊調馨選手(ALSOK)へのパワーハラスメント問題で、日本協会にトップ選手の環境整備などの報告を求めたことを受け、問題の発端となる告発状を内閣府に提出した貞友義典弁護士は「伊調選手へのパワハラだけが問題ではないとの、われわれの主張を理解してくれた」と評価した。

 一連の問題では、貞友氏らも内閣府の聞き取り調査に応じた。内閣府による報告要求では、特に女子代表選手の選考過程についても改善の必要性が指摘されている。貞友氏は「これ以上、日本協会は同じ被害者が出ないように適切な報告をしてほしい」と求めた。

(4月27日21時37分)

スポーツ(4月27日)