国内外ニュース

高齢者施設の遺族が提訴、岩手 岩泉、2016年の台風で犠牲

 2016年8月の台風10号による豪雨災害で、入居者9人が亡くなった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の複数の遺族が、運営法人に損害賠償を求める訴訟を盛岡地裁に起こしたことが27日、遺族への取材で分かった。

 提訴は3月29日付で遺族が請求した賠償額は不明。遺族は昨年、施設内で唯一生き残った元所長の女性による豪雨災害があった当日の施設内の状況説明などを求め、運営法人に書面を提出。法人側は「精神的なショックが大きい」として元所長による説明を拒んだため、「前向きな回答が得られなかった」と提訴に踏み切った。

(4月27日22時16分)

社会(4月27日)