国内外ニュース

ガザでデモ、3人死亡 衝突5週連続、8百人けが

 27日、パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界近くで、反イスラエルデモに参加した人々(ゲッティ=共同)  27日、パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界近くで、反イスラエルデモに参加した人々(ゲッティ=共同)
 【ガザ市共同】パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界付近で27日、パレスチナ人の若者らによる反イスラエルデモがあり、ガザの保健当局によると、イスラエル軍の銃撃を受け3人が死亡、880人以上が負傷した。デモは3月30日に始まり、イスラエル軍との衝突は5週連続。これまでの犠牲者は40人を超えた。

 イスラエル軍の推計によると、27日のデモには約1万人が参加。軍はデモ隊に対し、境界にあるフェンスに近づかないよう警告したが、一部が工具でフェンスを切るなどしたため、催涙弾や実弾などで応戦した。

 国際社会ではイスラエル軍による「過剰防衛だ」との声が拡大している。

(4月28日5時41分)

国際(4月28日)