国内外ニュース

NY原油反落、68ドル前半 利益確定売り優勢

 【ニューヨーク共同】27日のニューヨーク原油先物相場は小幅ながら3日ぶりに反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の6月渡しが前日比0・09ドル安の1バレル=68・10ドルで取引を終えた。

 最近の相場上昇の反動で、利益確定売りがやや優勢となった。一方、米国によるイラン制裁再開に対する警戒感が相場を下支えした。

(4月28日5時51分)

経済(4月28日)