国内外ニュース

米、非核化へ透明性要求 南北会談歓迎も圧力継続

 【ブリュッセル、ワシントン共同】26日に米国務長官に就任したポンペオ氏は27日、南北首脳会談で宣言された朝鮮半島完全非核化の目標は「勇気づけられる」と述べる一方、完全な非核化を実現するまで「世界的な最大限の圧力をかけ続ける」と強調、北朝鮮に透明性の確保と検証可能な行動を取るよう求めた。

 ベルギー・ブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)外相理事会後の記者会見で語った。ポンペオ氏は、南北首脳が27日に合意した「板門店宣言」について、金正恩朝鮮労働党委員長による新たな約束が含まれているかを見極めるため「内容を詳しく分析する」と慎重な姿勢を示した。

(4月28日6時11分)

国際(4月28日)