国内外ニュース

カーリング、日本は準々決勝敗退 世界混合ダブルス

 韓国戦でスイープする日本の山口(右)と指示を出す藤沢=エステルスンド(共同)  韓国戦でスイープする日本の山口(右)と指示を出す藤沢=エステルスンド(共同)
 【エステルスンド(スウェーデン)共同】カーリング混合ダブルスの世界選手権は27日、スウェーデンのエステルスンドで行われ、平昌冬季五輪女子銅メダルの藤沢五月と同五輪男子代表の山口剛史が組む日本ペアは準々決勝で平昌五輪5位の韓国ペアに5―6で競り負けた。

 日本は4―4の第7エンドに大量点狙いのパワープレーを選択したが、藤沢のショットが精度を欠いて1点しか奪えなかった。韓国がパワープレーを選んだ最終第8エンドも藤沢が最終投をミスして2点を献上し、接戦を落とした。

 28日は順位決定予備戦でスウェーデンと対戦する。

(4月28日8時52分)

国際大会(4月28日)