国内外ニュース

NAFTA再交渉巡り7日に会合 米、加、メキシコの担当閣僚

 【ロサンゼルス共同】米国とカナダ、メキシコは北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、5月7日に担当閣僚会合を開くことで合意した。メキシコ経済省が27日発表した。当初、昨年末までの合意を目指したが、交渉は難航し合意は先延ばしされている。

 最大争点である自動車の関税分野で「前進してきた」(カナダのフリーランド外相)との声もある。だが、トランプ米大統領はメキシコの不法移民対策強化をNAFTA再交渉の合意条件にしたいとの意向を表明。メキシコが反発しており、今後の協議も波乱含みだ。

(4月28日9時37分)

経済(4月28日)