国内外ニュース

土俵の女人禁制問題、結論出ず 相撲協会臨時理事会

 日本相撲協会の臨時理事会に向かう尾車理事=28日午前、東京・両国国技館  日本相撲協会の臨時理事会に向かう尾車理事=28日午前、東京・両国国技館
 日本相撲協会は28日、東京都墨田区の両国国技館で、土俵と女性に関わる協議を目的とした臨時理事会を開き、「女人禁制」についての議論が再燃する中、八角理事長(元横綱北勝海)らが意見交換した。出席者によると結論は出なかった。理事会は約1時間で終了した。

 尾車事業部長(元大関琴風)は「何百年と続いてきたものを、今日の1時間では変えられない」と話し、今後も協議を継続する意向を示した。高野利雄理事(元名古屋高検検事長)も「いろいろと難しい問題だから、時間をかけていかないといけない」と述べた。

(4月28日13時15分)

相撲(4月28日)