国内外ニュース

2番人気レインボーラインが優勝 競馬の天皇賞・春

 春の天皇賞を制したレインボーライン(12)=京都競馬場  春の天皇賞を制したレインボーライン(12)=京都競馬場
 第157回天皇賞・春(29日・京都11R3200メートル芝17頭、G1)2番人気のレインボーライン(岩田康誠騎乗)が3分16秒2で優勝した。G1レース初勝利を挙げるとともに、1着賞金1億5千万円を獲得した。岩田騎手、浅見秀一調教師は、ともにこのレース2勝目。

 2着は1番人気のシュヴァルグラン、3着は4番人気のクリンチャー。

 払戻金は単勝が600円、枠連は(6)―(6)で1020円、馬連が(11)―(12)で1030円、馬単が(12)―(11)で2510円、3連複は(8)―(11)―(12)で2060円、3連単は(12)―(11)―(8)で1万1650円。

(4月29日17時17分)

スポーツ(4月29日)