国内外ニュース

100カ国テーマに和服作り披露 東京五輪へ「世界は一つ」

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて作られた、世界各国をイメージした着物を披露する高校生ら=29日午後、福岡県久留米市  2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて作られた、世界各国をイメージした着物を披露する高校生ら=29日午後、福岡県久留米市
 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて世界各国をイメージした和服を作っている、福岡県久留米市の一般社団法人「イマジン・ワンワールド」が29日、完成した100着のお披露目会を地元で開いた。日本の伝統文化を介して「世界は一つ」というメッセージを伝える取り組み。約1500人の見物人を前に、九州各県の女子高生らがあでやかな着物をまとい、優雅に歩いた。

 企画したのは、久留米市で呉服店を営む傍ら4年前に法人を立ち上げた高倉慶応さん(50)。山形県の米沢織や京都府の京友禅、沖縄県の琉球紅型など、全国の着物作家や職人ら130人以上の協力を得た。

(4月29日19時21分)

暮らし・話題(4月29日)