国内外ニュース

拉致被害者家族会が訪米 米朝首脳会談前に協力求め

 米国に出発前、記者団の取材に応じる拉致被害者家族会の横田拓也さん(中央)=30日午前、成田空港  米国に出発前、記者団の取材に応じる拉致被害者家族会の横田拓也さん(中央)=30日午前、成田空港
 米朝首脳会談を前に、北朝鮮による日本人拉致被害者の早期帰国に向けて協力を求めようと、拉致被害者家族会や支援組織「救う会」、超党派議連による訪米団が30日、成田空港から出発した。議連によると、米政府や国連の関係者に面会する計画で帰国は5月6日。

 家族会からは横田めぐみさん=失踪当時(13)=の弟で事務局長の拓也さん(49)らが参加。拓也さんは出発前に空港内で取材に応じ「拉致問題の解決を一人でも多くの方に訴えていく。北朝鮮が『解決済み』とこれまでの主張を繰り返す可能性があり、そういうことを許さないよう米側に強く迫ってもらいたい」と語った。

(4月30日11時30分)

社会(4月30日)