国内外ニュース

マレーシア初の政権交代に自信 下院選へマハティール氏

 マレーシア・クアラルンプールでインタビューに応じるマハティール元首相=30日(共同)  マレーシア・クアラルンプールでインタビューに応じるマハティール元首相=30日(共同)
 【クアラルンプール共同】5月9日投開票のマレーシア下院選(定数222、任期5年)で、野党候補として首相への返り咲きを狙うマハティール元首相(92)が30日、共同通信のインタビューに応じた。ナジブ政権に対する有権者の不満の高まりを追い風に「政府が不正をしなければ野党は勝てる」と述べ、1957年の独立以来初の政権交代実現に自信を示した。

 マハティール氏は「人々は今の政権が(汚職で)ゆがんでいると考え、政権交代を望んでいる」と強調。野党連合が勝つには、ナジブ氏が率いる与党連合の基盤でマレー系の与党支持者のうち「2割が野党に回れば十分」と分析した。

(4月30日18時47分)

国際(4月30日)