国内外ニュース

工事中滑走路に航空機着陸 ベトナム中部、負傷者なし

 【ハノイ共同】ベトナム中部カインホア省のカムラン空港で29日、使用していない工事中の滑走路に航空機が着陸していたことが分かった。乗客乗員約200人にけがはなかった。ベトナム国営メディアが30日までに報じた。

 国営紙トイチェ(電子版)によると、着陸したのは南部ホーチミン発カムラン行きのベトナム航空機。同紙は関係者の話として、空港当局が工事中であることを示す表示をしていなかったことが原因と伝えた。

 航空専門家は「航空安全(の確保義務)の重大な違反で、深刻な結果を招く可能性があった」としている。

(4月30日19時01分)

国際(4月30日)