国内外ニュース

70代選手もアジア大会へ 頭脳スポーツの初採用ブリッジ

 ジャカルタ・アジア大会で初採用のトランプゲーム「ブリッジ」の日本代表に決まった選手たち=30日、東京・四谷ブリッジセンター  ジャカルタ・アジア大会で初採用のトランプゲーム「ブリッジ」の日本代表に決まった選手たち=30日、東京・四谷ブリッジセンター
 8月18日から9月2日までインドネシアで開催されるジャカルタ・アジア大会で初めて採用されるトランプゲーム「ブリッジ」の日本代表選考会が30日、東京都内で行われ、男女混合種目に臨むチームが決まった。陸上や柔道など40競技が行われる同大会で唯一の「頭脳スポーツ」。3チームによる争いを制した6人は、2組の夫婦を含む20代から70代までと幅広い年齢の構成となった。

 最年長は兵庫県在住の女性で競技歴約40年の中尾共栄選手(72)。「何億回(カードを)持っても同じものは出てこない。パートナーと息が合った時が一番うれしい」と魅力を語った。

(4月30日21時41分)

スポーツ(4月30日)