国内外ニュース

NY株、一時180ドル高 企業好決算で買い安心感

 【ニューヨーク共同】週明け30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末と比べた上げ幅が一時、180ドルを超えた。午前10時現在は153・29ドル高の2万4464・48ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は32・42ポイント高の7152・22。

 ファストフードのマクドナルドなど米主要企業の2018年1~3月期の決算内容が良く、投資家に買い安心感が広がった。

 米携帯電話、TモバイルUSとソフトバンクグループ傘下のスプリントの合併合意に関しては、米独占禁止当局による承認獲得に慎重な見方もあり、両社の株価は下げて始まった。

(4月30日23時36分)

経済(4月30日)