国内外ニュース

行方不明の国連職員ら無事 南スーダン、10人解放

 【ナイロビ共同】国連は30日、南スーダンで行方不明になった国連職員や非政府組織(NGO)職員計10人について、反政府勢力に拘束されていたが無事解放されたと発表した。

 10人は南スーダン人で、25日に人道支援の調査のため中央エクアトリア地方を車で移動中、消息を絶った。赤十字国際委員会(ICRC)によると、ICRCが用意した航空機で30日に首都ジュバに戻ったという。

 現地からの報道によると、反政府勢力の報道官は、10人が同勢力の支配地域に無断で入ったと主張している。

(5月1日0時46分)

国際(5月1日)