国内外ニュース

米国務省朝鮮部長が訪韓 米朝会談開催地も協議か

 【ワシントン共同】米国務省は4月30日、北朝鮮政策を担当するランバート朝鮮部長が5月2日までの日程で韓国・ソウルを訪問すると発表した。南北首脳会談の結果や、米政権が主導した北朝鮮への「最大限の圧力」政策について協議する。

 トランプ大統領は6月上旬までの開催を見込む米朝首脳会談の開催地について、南北の軍事境界線がある板門店を検討していると明らかにしており、ランバート氏も議題に取り上げる可能性がある。ランバート氏は、3月にジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が辞任した後、職務を代行している。

(5月1日7時50分)

国際(5月1日)