国内外ニュース

米軍の性的被害申告1割増 国防総省、海兵隊の伸び率が最高

 【ワシントン共同】米国防総省は4月30日、米軍内で起きた性的な嫌がらせや暴行に関する報告書を発表した。2017会計年度(16年10月~17年9月)の被害申告は前年度比約10%増の6769件だった。うち海兵隊の増加率が最も高く、約15%増となった。

 米軍では昨年、軍関係者が女性海兵隊員のヌード写真をインターネット上で共有していた問題などが判明し、性的嫌がらせへの対処が急務となっていた。

 被害申告件数の急増について国防総省は、性的被害を受けた要員らへの支援体制が拡充したことを受けて「被害者による告発を後押しする環境が整ったため」と強調した。

(5月1日7時56分)

国際(5月1日)