国内外ニュース

全労連が都内でメーデー式典 「過労死のない職場を」

 全労連系の第89回中央メーデーの式典で、あいさつする全労連の小田川義和議長=1日午前、東京都渋谷区の代々木公園  全労連系の第89回中央メーデーの式典で、あいさつする全労連の小田川義和議長=1日午前、東京都渋谷区の代々木公園
 全労連系の第89回中央メーデー式典が1日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、約2万8千人(主催者発表)が参加した。小田川義和議長は、政府が成立を目指す働き方改革関連法案を批判し「『働かせ方改悪法案』を廃案に追い込み、過労死のない職場、8時間働くことが普通の職場を実現しよう」と呼び掛けた。

 全労連は例年5月1日にメーデー式典を開催。来年は新天皇の即位日となるが、実行委員会は例年通り次回も5月1日に行う方針で準備を進めるとしている。

 全国労働組合連絡協議会(全労協)も1日、東京・日比谷でメーデー式典を開催。連合は4月28日に代々木公園で式典を行った。

(5月1日13時10分)

社会(5月1日)