国内外ニュース

「水掛けパワハラ」の前専務出頭 大韓航空、暴行容疑で聴取へ

 ソウルの警察署に出頭した大韓航空の前専務、趙顕ミン氏=1日(聯合=共同)  ソウルの警察署に出頭した大韓航空の前専務、趙顕ミン氏=1日(聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国の大韓航空の前専務、趙顕ミン氏(34)が会議で声を荒らげ、水の入ったコップを床に投げたとされる問題で、趙氏が1日、ソウルの警察署に出頭した。警察は暴行などの容疑で事情を聴く方針。趙氏の行為は「水掛けパワハラ」と呼ばれている。

 趙氏は出頭時、容疑を認めるのかとの記者団の質問に「心労をお掛けして申し訳ありません」とだけ語った。会議で広告代理店の社員が質問にうまく答えられなかった際にコップを投げ、参加者に向けて飲み物をまいた疑いが持たれている。

(5月1日12時05分)

国際(5月1日)