国内外ニュース

東証が小幅続伸、終値40円超高 北朝鮮情勢などで、売り買い交錯

 連休明け1日の東京株式市場は、北朝鮮情勢の懸念後退を好感した買いと前日の米株安の流れを受けた売りが交錯し、日経平均株価(225種)は小幅に続伸した。

 終値は前週末比40円16銭高の2万2508円03銭。東証株価指数(TOPIX)は3・05ポイント安の1774・18。出来高は約17億7100万株だった。

(5月1日15時26分)

経済(5月1日)