国内外ニュース

「アフリカに住むのは厳しい」 トランプ氏、開き直り

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は4月30日、ナイジェリアのブハリ大統領と会談後の共同記者会見で「アフリカの一部の国は状態が悪く、住むのは厳しい」と述べた。トランプ氏は1月に議員との会合でアフリカを侮辱する発言をしたとして批判されたが、アフリカには問題が多いと主張して開き直った形だ。

 トランプ氏は侮辱発言を否定も肯定もせず、謝罪もしなかった。侮辱発言への見解を問われたブハリ氏は困った様子で慎重に言葉を選びながら、発言が事実かどうか分からないと指摘。「私にとって最善の方法は黙っていることだ」と語った。

(5月1日16時01分)

国際(5月1日)