国内外ニュース

大型ベビーカー、電動容認を検討 歩道通行、保育士負担減で警察庁

 保育園で多く使用されている、電動アシストのない手押しの大型ベビーカー=2017年  保育園で多く使用されている、電動アシストのない手押しの大型ベビーカー=2017年
 電動アシスト付きベビーカーのうち、現行では歩道の通行が認められていない保育施設向けの6人用など大型タイプについて、歩道でも使用できるよう、警察庁が規制緩和を検討していることが1日、同庁などへの取材で分かった。普及すれば保育士の負担軽減が期待されるほか、自動ブレーキ機能で坂道などではより安全性が向上する可能性もある。

 電動付きではない大型タイプは、保育園などで「お散歩カー」と呼ばれて利用が広がっているが、重量が80キロを超えることもあるとされる。電動付きも普及することで、保育士の体力的な負担が減って子どもの見守りに集中でき、事故予防につながる可能性もある。

(5月1日18時22分)

社会(5月1日)