国内外ニュース

文化庁シンボルマーク募集 創設50年、新生PR

 文化庁は1日、京都移転に向け10月に予定している大幅な組織改編に合わせ、シンボルマークを新しくすると発表した。6月13日まで一般公募し、職員全員の投票で決める。同庁は今年で創設50年。組織刷新に伴う「新・文化庁」をPRする狙いがある。

 募集は「文化庁の新生を表現するデザイン」などが条件で、電子メールのみ受け付ける。作品は、まず専門家が審査した後、複数候補に絞り込んで同庁ホームページ(HP)に掲載。一般から寄せられる意見を参考に、全職員の投票によって最終決定し、9月30日に発表する。募集要項はHPで公開している。

(5月1日18時16分)

社会(5月1日)