国内外ニュース

東京五輪の準備状況報告 2日からIOC理事会

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は2日から2日間、スイスのローザンヌで理事会を開き、初日に2020年東京五輪の大会組織委員会とIOCのコーツ調整委員長から準備状況の報告を受ける。組織委は4月の夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)総会で、セーリングなど複数の国際競技連盟から準備の遅れなど問題点を指摘された。

 ガバナンス(組織統治)や審判の判定の問題で東京五輪の実施競技から除外される可能性が示されているボクシングについて、国際ボクシング協会(AIBA)から改革案などを記した報告書の提出を受けたIOCの判断も注目される。

(5月1日18時41分)

国際大会(5月1日)