国内外ニュース

韓国と北朝鮮が拡声器撤去に着手 敵対行為中止の合意履行

 宣伝放送の拡声器を撤去する韓国軍の兵士=1日、韓国京畿道坡州(共同)  宣伝放送の拡声器を撤去する韓国軍の兵士=1日、韓国京畿道坡州(共同)
 【ソウル共同】韓国軍は1日、北朝鮮に向けて宣伝放送を流すため南北の軍事境界線付近に設置していた拡声器の撤去に着手した。北朝鮮側でも同日、拡声器撤去の動きが見られたと、韓国軍関係者は明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

 4月27日の南北首脳会談では、宣伝放送を含む敵対行為の中止で合意。双方が合意の履行に着手したことで、南北間の軍事的緊張の緩和につながることが期待される。

 韓国、北朝鮮は心理戦の一環として、体制の優位性の宣伝や相手の体制批判の放送を流してきた。韓国は移動型約10台、地上固定型約30台の計40台ほどの拡声器を運用してきた。

(5月1日19時01分)

国際(5月1日)