国内外ニュース

NY株続落一時2万4千ドル割れ 貿易摩擦懸念

 【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、午前10時現在は前日比144・63ドル安の2万4018・52ドルをつけた。下げ幅は一時200ドルを超え、2万4000ドルを割り込む場面があった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は29・05ポイント安の7037・22。

 米政権が4月30日、欧州連合(EU)に鉄鋼などの輸入制限を暫定的に適用外とする措置を5月末まで延長すると決定したのに対し、EUは1日、「市場の不確実性を長引かせる」と批判する声明を発表。米国と主要貿易相手の貿易摩擦が長期化すると懸念された。

(5月1日23時37分)

経済(5月1日)