国内外ニュース

ハバナでメーデー大行進 議長交代後初の大規模行事

 1日、ハバナで行進する労働者(クーバデバテ提供・共同)  1日、ハバナで行進する労働者(クーバデバテ提供・共同)
 【リオデジャネイロ共同】カリブ海の社会主義国キューバの首都ハバナで1日、約90万人(政府系メディア発表)の労働者らによる毎年恒例のメーデーの大行進が行われた。4月にラウル・カストロ氏(86)が元首である国家評議会議長を引退し、後任にディアスカネル氏(58)が就任してから初の大規模行事。

 参加者らは1日未明からハバナの革命広場に集合。労働組合幹部のあいさつの後、カストロ氏やディアスカネル氏ら政権幹部が観覧席から見守る中、職業別のグループに分かれて市内を行進。故フィデル氏とラウル氏のカストロ兄弟の写真などを掲げた。

(5月2日0時02分)

国際(5月2日)