国内外ニュース

NY株3日続落、64ドル安 貿易摩擦長期化を懸念

 1日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)  1日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)
 【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続落、前日比64・10ドル安の2万4099・05ドルで取引を終えた。米国と主要貿易相手の貿易摩擦が長期化するとの懸念から投資家がリスク回避の姿勢を強め、下げ幅は一時、350ドルを超えた。

 トランプ米政権は4月30日、輸入制限に関し、欧州連合(EU)など適用除外としている国・地域への措置の5月末まで延長を発表。これをEUが批判したため摩擦解決への道筋が不透明となり、企業収益が圧迫されるとの観測が広がった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は64・43ポイント高の7130・70。

(5月2日5時51分)

経済(5月2日)