国内外ニュース

FB、閲覧履歴の消去可能に 批判回避、日本も対象

 1日、米西部サンノゼで基調講演するフェイスブックのザッカーバーグCEO(AP=共同)  1日、米西部サンノゼで基調講演するフェイスブックのザッカーバーグCEO(AP=共同)
 【サンノゼ共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は1日、個人情報の不正利用問題を受け、FBと連携したウェブサイトの閲覧履歴などを利用者が消去できる新たな機能を数カ月後に導入すると発表した。日本も対象。同社が大量の個人データを収集していることへの反発が高まっているのを受け、利用者が持つ情報管理の権限を強化し、社会的な批判をかわす狙いがある。

 ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、西部カリフォルニア州サンノゼで開かれた開発者会議の基調講演で明らかにした。

 新機能は「クリアヒストリー」といい、FBの閲覧履歴や、スマホのアプリの使用履歴を消去できる。

(5月2日11時26分)

経済(5月2日)