国内外ニュース

働き方法案、野党欠席で質疑 衆院厚労委、維新は出席

 主な野党が欠席する中、衆院厚労委で答弁する加藤厚労相=2日午前  主な野党が欠席する中、衆院厚労委で答弁する加藤厚労相=2日午前
 衆院厚生労働委員会は2日午前、主な野党が欠席する中、安倍晋三首相が最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案の質疑を行った。立憲民主党などは前財務事務次官のセクハラ問題を踏まえ、麻生太郎財務相の辞任を求めて国会審議を拒否している。

 加藤勝信厚労相は、与野党対立の焦点となる高収入の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」創設に関し「創造的な仕事をする人が力を十二分に発揮できる」と意義を強調。残業時間の上限規制については「労働基準法の制定以来、70年ぶりの大改革だと連合会長も指摘している」と述べた。

 野党では日本維新の会が出席した。

(5月2日11時34分)

政治(5月2日)