国内外ニュース

八十八夜の茶摘み、京都・宇治 立春から88日目

 高級茶「宇治茶」の産地、京都府宇治市で開かれた「八十八夜茶摘みの集い」で、新芽を摘み取る「宇治茶レディ」=2日午前  高級茶「宇治茶」の産地、京都府宇治市で開かれた「八十八夜茶摘みの集い」で、新芽を摘み取る「宇治茶レディ」=2日午前
 立春から88日目に当たる2日、高級茶「宇治茶」の産地として知られる京都府宇治市で「八十八夜茶摘みの集い」があり、公募で選ばれた「宇治茶レディ」らが新芽を摘んだ。

 宇治茶レディらは、あかねたすきに濃紺の着物姿。京都市上京区の大学生小西鼓子さん(21)は「初めて茶摘みをしました。柔らかくて思ったより摘みやすかった。お茶の季節の始まりを感じました」と話した。

 主催する府茶業会議所によると、今年は気温が高い日が続いて降水量も十分で、新芽は平年よりも生育が早く、味も良好という。

 観光客が茶摘みを体験できるイベントや、お茶の入れ方教室も開かれた。

(5月2日11時43分)

暮らし・話題(5月2日)