国内外ニュース

法相、住民に謝罪「対策講じる」 受刑者潜伏の島訪問

 向島を訪問し、住民らと面談する上川法相(左)=2日午前、広島県尾道市  向島を訪問し、住民らと面談する上川法相(左)=2日午前、広島県尾道市
 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱走した受刑者の平尾龍磨容疑者(27)の逮捕を受け、上川陽子法相は2日、容疑者が潜伏していたとみられる広島県尾道市の向島を訪問した。住民の代表者らと面談し、約3週間も大きな負担を強いたとして謝罪。「皆さまの声をしっかりと聞いた上で、対策を講じたい」と述べた。

 作業場ではこれまで、今回を含めて20人が脱走しており、住民側は「刑務所の体制がほとんど変わっていなかったから、今回の事案が起きた」と改善を求めた。

(5月2日11時57分)

社会(5月2日)