国内外ニュース

ゼロックス、株主と和解 富士フイルム買収不透明

 カール・アイカーン氏(ゲッティ=共同)  カール・アイカーン氏(ゲッティ=共同)
 【ヒューストン共同】富士フイルムホールディングス(HD)が買収することで合意した米事務機器大手ゼロックスは1日、買収に反対する大株主と和解したと発表した。新たな経営陣を選び、富士フイルムHDによる買収の代替案を検討する。買収の行方に不透明感が強まった。

 買収に反対する大株主で著名投資家のカール・アイカーン氏らがゼロックス取締役会に計6人を送り込み、取締役会の過半数を握る。代替案には「富士フイルムHDとゼロックスの関係を終了または再構築することを含む」という。

(5月2日13時16分)

経済(5月2日)