国内外ニュース

最低成績なら丸刈り、愛知県立高 サッカー部員に、体罰指摘で廃止

 愛知県犬山市の県立犬山高校のサッカー部で、各教科の成績の5段階評価で最も低い「1」を取った部員は丸刈りにするとのルールが存在していたことが2日、同校への取材で分かった。2016年に保護者から「体罰ではないか」と指摘を受け、17年度に廃止した。

 同校によると、ルールは6、7年前、当時の顧問と部員で決め、現在の顧問も容認していた。各学期で1教科でも成績が1の場合は練習に参加できないとし、丸刈りが復帰するための条件だった。練習の準備や片付けも課し、試合や練習に全力で取り組んでいないと顧問が判断した際にも丸刈りにしていた。年によって、数人が丸刈りになっていた。

(5月2日12時41分)

社会(5月2日)