国内外ニュース

中朝「平和の枠組み」協議 平壌で外相会談

 北朝鮮の李容浩外相(右手前から3人目)と会談する中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)=2日、平壌(共同)  北朝鮮の李容浩外相(右手前から3人目)と会談する中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)=2日、平壌(共同)
 【平壌、北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は2日、北朝鮮を訪問し、平壌で李容浩外相と会談した。中国外務省によると、会談で李氏は「朝鮮半島の非核化実現と平和の枠組みなどの問題について中国と密接に意思疎通し、関係各方面との対話を強化する」と表明。王氏は「米朝の対話が円滑に行われ、実質的な進展があることを望む」と述べ、中国も「積極的な役割を発揮し続ける」と語った。

 王氏の訪朝は2日間。金正恩朝鮮労働党委員長と面会する可能性もある。米朝首脳会談を前に北朝鮮と意思疎通を図り、後ろ盾として中国の存在感を発揮する狙いだ。

(5月3日1時31分)

国際(5月3日)