国内外ニュース

「ニチコン」破産手続きへ コンタクトレンズメーカー

 「ニチコン」ブランドを展開するコンタクトレンズメーカーの日本コンタクトレンズ(名古屋市)が、名古屋地裁に民事再生手続きの廃止を申請したことが2日、分かった。破産手続きに入る見通し。同地裁から3月に再生計画の認可を受けたが、スポンサー企業と締結した契約の条件を満たせず、支援を受けられなくなった。

 帝国データバンクによると、申請は1日付。2016年11月に民事再生法の適用を申請した時点の負債総額は、子会社と合わせ約18億9千万円だった。日本のコンタクトレンズの先駆けとなった企業で、ハードレンズを得意としていた。

(5月2日17時02分)

経済(5月2日)