国内外ニュース

シカの赤ちゃん誕生、奈良公園 今年初めて

 奈良公園で今年初めて生まれたシカの赤ちゃん=2日午後、奈良市  奈良公園で今年初めて生まれたシカの赤ちゃん=2日午後、奈良市
 奈良市の奈良公園で2日、今年初めてシカの赤ちゃんが生まれ、慣れない足取りで草の上を走る様子が報道陣に公開された。体長62センチ、体重4キロの雄で例年よりも大きく、記録が残っている20年間で最も早い誕生だという。

 公園のシカを保護している施設「鹿苑」で2日早朝、「奈良の鹿愛護会」職員飯尾英郎さん(28)が、母ジカが子ジカに寄り添いなめているのを見つけた。子ジカは報道陣がカメラを向けると体を小さく丸め、おびえた様子だった。

 鹿苑では5月下旬から6月中旬が出産のピークという。誕生した子ジカは6月から施設内で一般公開され、7月下旬に公園へ放たれる。

(5月2日18時07分)

暮らし・話題(5月2日)