国内外ニュース

3日昼前にかけ東日本で大雨 気象庁、警戒を呼び掛け

 気象庁は2日、前線が接近するため東日本の太平洋側で3日昼前にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害やレジャー中の事故に警戒するよう呼び掛けた。3日午後から4日にかけて上空に寒気が入り込み、西日本と東日本の日本海側を中心に雷雨や突風になる可能性がある。

 3日にかけて、東シナ海から延びる前線が本州の南岸を東北東へ進み、暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から東日本の太平洋側は大気の状態が非常に不安定になる見通し。

 3日午後6時までの24時間の予想雨量は、いずれも多い所で東海180ミリ、関東甲信150ミリ、近畿120ミリ。

(5月2日18時42分)

社会(5月2日)