国内外ニュース

日ロ経済協力の目玉案件つまずく ハバロフスク空港近代化事業

 国内線の新ターミナル建設が進むロシア・ハバロフスク空港=4月19日(共同)  国内線の新ターミナル建設が進むロシア・ハバロフスク空港=4月19日(共同)
 日ロ両政府が進める経済協力の目玉案件、ロシア極東のハバロフスク空港の近代化で、日本側の共同事業提案をロシア側が最終局面で拒否していたことが2日分かった。日ロ双方の関係者が明らかにした。日本不在のまま、中核事業の国内線新ターミナル建設をトルコの共同事業体が受注し3月に着工。今後、日本抜きで事業が進む懸念が出ている。

 極東の中心都市ハバロフスクの空港近代化は、北方領土交渉の進展を目指す安倍晋三首相が2016年にプーチン大統領に提案した8項目の経済協力プランの重要案件。極東開発で存在感を示したい日本はつまずいた形だ。

(5月3日4時57分)

政治(5月3日)